牧野 真耶

- W o r k s & E x h i b i t i o n s -

9/19/2022

The group exhibition ‘Constant Repetition’ in Seoul, South Korea

Installation view













‘Constant Repetition’
@the.untitled.void
https://www.theuntitledvoid.com/void/exhibition15
August 30th - October 16th
10:00 - 18:00
Closed on Mondays

Artists
Hong Gu Park
 @park_honggu
Jae Hyuk Han @jaehyuk621
Maya Makino @maya_makino_

Photo: @ngjd_p

9/08/2022

The Prize Show 2022


Night (No.12)
2022
Indigo, Rabbit skin glue, Shell lime
410×318mm



Happy to be showing my new works in a group exhibition at Geidai Art Plaza in Tokyo. I would be grateful if you could visit and take a look them.

The Prize Show

@geidai_art_plaza
September 10 - October 2
11 a.m. - 6 p.m.
Closed on Mondays
https://artplaza.geidai.ac.jp/column/13206/


【展示のお知らせ】
藝大アートプラザにて開催されるThe Prize Showに新作を3点出品いたします。お近くにお越しの際はお立ち寄りいただけましたら幸いです。

The Prize Show

@geidai_art_plaza
9月10日 - 10月2日
11:00 - 18:00
月曜休(祝日は営業、翌火曜日休業)
https://artplaza.geidai.ac.jp/column/13206/

2008年の藝大BiOn賞受賞以来、毎年展示の機会をいただき大変感謝しております。アートプラザの皆様、いつもありがとうございます。



 

8/26/2022

A group exhibition ‘Constant Repetition’ at The Untitled Void in South Korea

 


Click on the image to enter the Exhibition info



I am delighted to be showing my new works in a group exhibition at The Untitled Void in Seoul, South Korea. Very honored to be invited as their first foreign artist. Looking forward to presenting my works along with two wonderful artists.

‘Constant Repetition’
The Untitled Void
August 30th - October 16th
10:00 - 18:00
Closed on Mondays

Artists 
Hong Gu Park
Jae Hyuk Han
Maya Makino

Many thanks to the gallery director Ji Hyun Lee and The Untitled Void team for giving me such a great exhibition opportunity. 

Special thanks to artists Meo Saito, Yume Akasaka, Katsumi Hayakawa, Noriyasu Soda, Shinpei Okawa, Goro Murayama and Gallery MoMo for their help.

Also, the artwork lists will be available TODAY August 26 at 5pm (In local time) For inquiries, please contact the gallery.




7/31/2022

Representation in the United States

I am pleased to announce that Heather Gaudio Fine Art has become a representation of Maya Makino in the United States.

Heather Gaudio Fine Art is a contemporary art gallery located in New Canaan, Connecticut. I am honored to have such an opportunity as a base for my work in the U.S., and very happy that it will be presented in the country which has been at my aim for so long. Stay tuned for projects to be announced in the future.

For inquiries about my works abailable, please contact the gallery.
Heather Gaudio Fine Art
info@heathergaudiofineart.com



Installation view





7/14/2022

Thoughts on Thursday

この一年で私の活動範囲は世界に広がり、自身の目指してきたことが実を結び始めている。
積み上げてきたものがしっかりとした地盤となって、それを認めてくれる人々に出会える機会が増えた。
決して華やかなデビューではなかったが、腐らずに継続してきて良かったと思える日々が続くと、肉体的に疲労を感じることがあっても、心はとても満たされていることを実感する。

海外の方と話していると、アーティストという職業にとてもリスペクトを持って接してくれていることがわかる。
語学が堪能なレベルには到達していないが、母語である日本語で日本人と話している時よりも自然にコミュニケーションをとれることが不思議だ。
それはお互いがお互いをリスペクトしあっていて、それぞれの考え方を尊重しているということがベースにあった上でのコミュニケーションであるからだと感じる。
あくまで「個」であり、立場の違いはあれど人としての優劣・上下(マウント)を決めつけられないから気持ちが楽なのである。
どこかに所属しているからとか、お偉いセンセイに評価されているからなどの前に、アーティスト自身をしっかり見つめてくれている。
実力主義である。

日本で生きているとアーティストという職業が認められない、または、批判されることがままある。
出る杭は打たれる。
これまでもそういった扱いを受けたことは何度もあった。
縦社会や男尊女卑が根強く残るこの国では、「個」同士が対等に話をするのは困難である場合がある。
キャリアを積んできてさえ「金にもならん絵を描いている。」と嘲笑されたこともあるし、理不尽な要求なども受けたことがある。
そういう場面に遭遇すると、日本語同士なのになぜ話が通じないのだろうと首をかしげるばかりであった。

海外の方々に対しては、仕事に関してだけでなく、自身のコンプレックスを解消してくれたことについても感謝したい。
今まで私は身長が170cmであることがとても嫌だったが、このくらいの身長の女性は世界中にはたくさんいる。
むしろ低いこともあるくらいだ。
信じられないことだが、あれほど長身であることが嫌だったものが、今ではもう少し高くても良かったかも、と思えるほど自分を受け入れることができた。

そして、とあるアーティストからこのように言われた。
「女性が女性であること。愛することを知っている女性。知的な人。自分が自分であることを愛している女性。」
これをきっかけとして、私自身の立ち位置や居場所というものを認識することができた。
私が私であること、それで充分だということである。

現在イギリスでのグループ展に参加しており、間も無く韓国でのグループ展が始まる。
ありがたいことにこの先2024年までスケジュールが埋まり始めている。
多忙を極めるが、走り続けたいと思う。


7/04/2022

A group exhibition ‘Blue’

I am delighted to be showing my works in a group exhibition ‘Blue’ at Gallery57 in the UK. Looking forward to exhibiting with all the great artists. Many thanks to artist/gallery owner Ann Symes for giving me such a wonderful opportunity to exhibit.

イギリスのギャラリー57で開催されるグループ展「Blue」にて、小品7点を発表いたします。
イギリスでの展示に参加するのは今回が初めてであり、素晴らしいアーティストの皆さんとご一緒できることをとても嬉しく思っています。
このような展示の機会をくださったアーティスト/ギャラリーオーナーのAnn Symes氏に感謝申し上げます。





Night
2021
Indigo, Rabbit skin glue, Shell lime
273×220mm



Blue
July 9th - September 24th, 2022
Preview day - July 8th, 12-4
Gallery57

Artists
Alison Wren
Emma Hurst
Franny Owen
Helen Cass
Janene Waubdy
Jim MacAirt
Judith Davies
Katie Mawson
Melissa Veitch
Rachel Foxwell
Roanna Wells
Sara Dodd
Sharon Kearley
Sophie Arup
Maya Makino




5/09/2022

The online solo exhibition ‘Faded’ runs until May 29

 



Click on the image to enter the viewing room




The online solo exhibition ‘Faded’ will be extended until Sunday, May 29.

現在オンラインにて開催中の個展「Faded」が5月29日(日)まで会期が延長されることになりました。

Maya Makino

Faded

April 3rd - May 29th, 2022

CAI Gallery (Online Viewing Room)

https://caigallery.com

https://caigallery.com/exhibitions/maya-makimo-faded/

Instagram: @cai.gallery 



Image:
Night 夜
Left to right: No.15, 12, 7, 13, 3
2021 180×140mm each
Indigo dye and gofun (shell lime) gesso on wooden panel






5/06/2022

New account ‘Maya Art Platform’ on Instagram

 


Click on the image to enter the MAP
Instagram account : maya_art_platform



I have created a new account on Instagram for showcase Leading/Emerging contemporary artists.

When I am confronted with art, particularly attracted by works have a sense of uncertainty and uniqueness.

Uncertainty means an artist's eyes trying to capture the elusive. Transparent, clear, translucent, motion, reflection, moment, flash. Reality or unreality. Actual situation or phenomenon. Fact or fantasy. To touch or not to touch. Visible or invisible, Fiction or non-fiction, and etc. Moving back and forth between them, the artists themselves are desperately trying to capture what they are seeing and feeling. The resulting visualized art appears in front of our eyes as works that only these artists can express. It is something that can never be expressed only in a literal translation of an imagined.

I would be happy if you could visit the new account, and hope you enjoy these wonderfully talented artists and their works.



現代アーティストを紹介するアカウントをInstagramに新しく作りました。

私が芸術を前にした時、特に不確実性と唯一性を感じる作品に惹かれます。

不確実性とは、捉えどころのないものを捉えようとするアーティストの眼差しのことです。
透けている、透明、半透明、動き、反射、瞬間、閃き。
現実か非現実か。実態か現象か。事実か想像か。触れるか触れないか。見えるか見えないか、フィクションかノンフィクションか、など。
それらの間を行ったり来たりしながら、作家自身が自分で見ているもの、感じていることを必死で捉えようとしている。
その結果視覚化された芸術は、彼らにしか表現できない作品として、私たちの目の前に現れます。
それは決してイメージの直訳だけでは表現できないことです。

新しいアカウントにアクセスしていただき、素晴らしい才能を持つアーティストとその作品を楽しんでいただければ幸いです。





4/30/2022

Contemporary Art Issue / 8 Emerging Abstract Painters To Watch or Collect Now







Eight emerging abstract painters are featured in an online article on Contemporary Art Issue, and I am listed as one of the artists. The brilliant text by Sylvia Walker the curator/assistant director of CAI. Also on YouTube as well. I would be happy if you could visit them.

Online article
‘8 Emerging Abstract Painters To Collect Now’
≡ Contemporary Art Issue - Read online

Artists
1. Johnny Abrahams
2. Aron Barath
3. Kathryn MacNaughton 
4. Maya Makino 
5. Marco Reichert 
6. Franziska Reinbothe 
7. Stan Van Steendam 
8. Minh Dung Vu 

Thank you so much to Sylvia Walker, @contemporaryartissue and @cai.gallery for their support.



4/25/2022

Online article posted on Contemporary Art Issue (CAI)

 

Click on the image to enter the online article



An online article about me written by Julien Delagrange the contemporary artist/gallery director has been posted on Contemporary Art Issue (CAI). 
I would be happy if you could visit it.

≡ Contemporary Art Issue - Read online
Also about the solo exhibition ‘Faded’ as well.

Thank you so much to @juliendelagrange_artist, all the team @contemporaryartissue and @cai.gallery.



4/13/2022

The ‘Night’ series

 



Night
2021
Indigo, Rabbit skin glue, Shell lime
180×140mm each





3/30/2022

Solo exhibition ‘Faded’


Click on the image to enter the viewing room



I am delighted to announce that my first solo exhibit abroad, in titled, ‘Faded’ will be presented as the opening show of CAl's viewing room, CAl Gallery, Belgium.

Maya Makino

Faded

April 3rd - May 8th, 2022 will be extended until May 29th

CAI Gallery (Online Viewing Room)

https://caigallery.com

Instagram: @cai.gallery 


Many thanks to Julien Delagrange the gallery director, CAI and CAI Gallery for their great curation and kind support.

@contemporaryartissue @cai.gallery 




【展示のお知らせ】

この度ベルギーにあるCAI Galleryのオンラインビューイングルーム新設に伴い、オープニング展として私の個展 ’Faded’ が開催されることとなりました。

自身にとって今回が初めて海外で企画していただいた個展となります。


ギャラリーディレクターのJulien Delagrange氏、CAIと CAI Galleryの素晴らしいキュレーションとサポートに感謝いたします。

@contemporaryartissue @cai.gallery 


ご覧いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。


牧野 真耶

Faded

2022年4月3日 - 5月8日 5月29日まで延長

CAI Gallery (Online Viewing Room)

https://caigallery.com

Instagram: @cai.gallery 









3/17/2022

Pray for Peace

 







Non-violence and Disobedience

For everything on Earth


Pray for Peace









2/20/2022

Night

 



Night
2021
Indigo, Rabbit skin glue, Shell lime
180×140mm